Windows Presentation Foundation プログラミング入門 - WisdomSoft
WisdomSoft - for your serial experiences.

Windows Presentation Foundation プログラミング入門

2007年に出版されたWPFの解説書「Windows Presentation Foundation プログラミング入門」(秀和システム)の目次です。

表紙

4798016373 xaml

第1章 .NET Framework と WPF

概要:Windows Vista と共に発表された .NET Framework 3.0 を対象とした最新のアプリケーション開発モデルである WPF とその背景をご説明します。WPF を使うことで、様々なメディアやグラフィックス要素を統合した高度な GUI アプリケーションを構築することができます。

  1. はじめに
  2. .NET Framework
  3. Windows Presentation Foundation
  4. 開発環境と準備

第2章 ウィンドウ アプリケーション

概要:WPF アプリケーションを開発するための基本的な記述方法を解説します。WPF による開発では、従来の Windows アプリケーション開発で使っていた System.Windows.Forms に代わって System.Windows 名前空間を使います。

  1. 最初の WPF アプリケーション
  2. ウィンドウ
  3. 座標とサイズ
  4. コンテンツ
  5. コントロール
  6. フォント
  7. 統合されたUI要素
  8. 依存プロパティ
  9. アタッチプロパティ

第3章 パネルとレイアウト

概要:WPF のコントロールを柔軟に配置するためのレイアウト方法を解説します。パネルを利用することで、コントロールのレイアウトを用意されたロジックに委ねることができ、サイズの調整などを自動化することができます。

  1. キャンバス
  2. スタックパネル
  3. ドックパネル
  4. グリッド

第4章 描画オブジェクト

概要:WPF では、従来のビットマップに直接描画する形式ではなく、描画オブジェクトを組み立ててレンダリングする新しいモデルを採用しています。これによって、様々な描画要素を柔軟に変化させることができるようになりました。

  1. 描画オブジェクト
  2. 線を引く
  3. 長方形と円
  4. 複数線と多角形
  5. テキスト
  6. イメージ
  7. ブラシ
  8. パス
  9. 曲線
  10. 座標変換
  11. 直接描画

第5章 イベント

概要:マウスクリックやキー入力などを感知して処理を行うイベントの仕組みは、従来の Windows フォームとほとんど変わりません。しかし、WPF ではコントロールだけでなく描画要素でもイベントが発生するため、重ね合わさった図形やコントロールの間でイベントを渡しあうルーティングなどの仕組みが導入されています。

  1. マウス入力
  2. キーボード入力
  3. イベントルーティング
  4. コマンド

第6章 コントロール

概要:WPF で用意されている既定のコントロール郡は、従来の Win32 API のコントロールからは切り離され、新しいコントロールとして書き直されています。これによって、極めて柔軟で高度な演出を容易に実現することができるようになりました。

  1. ラベル
  2. ボタン
  3. テキスト入力
  4. 範囲コントロール
  5. スクロール処理
  6. 選択コントロール
  7. メニュー
  8. アクセステキスト
  9. ツールバー
  10. ツリー

第7章 WPFフレームワークの機能

概要:WPF で提供される様々な要素は FrameworkElement クラスから派生しています。このクラスでは WPF のコントロールをより汎用的に使えるようにするための様々な機能が用意されています。

  1. バインディング
  2. 暗黙のデータソース
  3. バインディング条件
  4. 値の変換
  5. スタイル
  6. テンプレート
  7. リソース

第8章 アニメーション

概要:WPF では、画面に表示されているオブジェクトの色やサイズなどの特性を、一定の時間をかけて徐々に変化させることが容易に行えます。従来のプログラミングのようにタイマを使ったロジックを組み立てる必要は無く、単純な宣言だけでアニメーションを実現することができるのです。

  1. メディアファイルの再生
  2. アニメーション
  3. タイムライン
  4. ストーリーボード

第9章 XAML

概要:XAML を利用することで、GUI の設計とロジックを分離することができるようになります。デザイナは XAML を用いて GUI の設計を行い、開発者は設計とは分離してアプリケーションの動作を記述するという作業が XAML によって実現できます。

  1. XAML とは
  2. XAML の入出力