これからはじめるVisual C++2010 基礎編 - WisdomSoft
WisdomSoft - for your serial experiences.

これからはじめるVisual C++2010 基礎編

秀和システムより出版された Visual C++ によるプログラミング入門書「これからはじめるVisual C++2010 基礎編」の目次です。

表紙

4798029912 C++

注意事項

  • 本書は2011年に秀和システムより出版された「これからはじめるVisual C++2010 基礎編」の原稿を再構成したものです。
  • 本書のサンプルコードは日本語版 Windows7 Ultimate 64bit にインストールした Visual C++ 2010 Expess でビルドした結果で動作確認を行っています。本書は Visual C++ 2010 以外の環境でサンプルの動作を保証しません。
  • 特に指定がない限り、サンプルコードは国際標準規格 ISO/IEC 14882:2003 に基づいているため、OS や開発環境が異なっていても ISO/IEC 14882:2003 に準拠した環境であればサンプルコードをコンパイルできます。ただし、環境によっては意図した結果が得られなかったり、一部の実行結果が異なる可能性があるのでご了承ください。

第1章 開発環境

第2章 C++ 言語の基本機能

第3章 制御

  1. if 文
  2. 複合文
  3. 変数の有効範囲
  4. switch 文
  5. while 文
  6. do 文
  7. for 文
  8. ジャンプ文

第4章 配列

  1. データの集合を処理する
  2. 配列初期化子
  3. 文字列と配列の関係
  4. 多次元配列

第5章 関数

  1. ユーザー定義関数
  2. パラメータと戻り値
  3. 関数の宣言
  4. 再帰と循環
  5. オーバーロード
  6. デフォルトの値
  7. グローバルとローカル
  8. main() 関数

第6章 プリプロセッサ

  1. インクルード
  2. オブジェクト形式マクロ
  3. 関数形式マクロ
  4. 条件付きコンパイル
  5. プロセッサ演算子

第7章 ポインタと参照

  1. 変数とアドレス
  2. 配列へのポインタ
  3. 文字列とポインタ
  4. ポインタへのポインタ
  5. ポインタの型変換
  6. 関数へのポインタ
  7. 参照

第8章 構造体と型

  1. 構造体
  2. 構造体の初期化
  3. 構造体とポインタ
  4. ビットフィールド
  5. 共用体
  6. 列挙体
  7. 型修飾子
  8. 型の別名